Ishikawa federation of small business association
36協定等について (全国中小企業団体中央会)
 政府では、一億総活躍社会の実現に向けた重要なテーマとして、「働き方改革実行計画」等に基づき長時間労働の是正等の「働き方改革」に取り組んでいます。
 特に、労働基準法では、労働時間は原則、1日8時間・1週40時間内(法定労働時間)とされており、法定労働時間を超えて、従業員に時間外労働(残業)をさせる場合には、労働基準法第36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)の締結及び所轄の労働基準監督署への届出が必要ですが、36(サブロク)協定を締結しないまま法定労働時間を超えた労働(残業)を行われる事業者が見受けられるところです。
 つきましては、中小企業主・小規模事業者向けに、サブロク(36)協定のポイントや労働時間の制度をはじめとする相談窓口をまとめたリーフレット@(サブロク協定をご存知ですか?)、また、6次産業化に取組む事業者に労働基準法の適用がなされる規定についてまとめたリーフレットA(ご存知ですか?〜労働基準法の適用について〜)を掲載いたしますのでご確認ください。

 リーフレット@(サブロク協定をご存知ですか?)
 リーフレットA(ご存知ですか?〜労働基準法の適用について〜)

石川県中小企業団体中央会 〒920-8203
石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館5階
TEL (076)267-7711  FAX (076)267-7720  E-mail chuokai@icnet.or.jp